今や、日本は超高齢社会に突入しており、社会の活力維持に大きな課題を抱えています。

人々が心身共に元気で幸福度の高い生活を送れるためには、医学・医療の発展に期待するだけではなく、近年発展が著しい脳科学・情報工学・ロボット工学・人間工学など理工学分野の知見を取り入れた福祉医療への総合的な支援体制を確立する必要があります。

本学は、情報工学、生体工学、人間工学、ロボット工学、光科学などの幅広い理工系分野の研究者が日々活発に研究を推進していますが、最近では脳科学あるいは脳情報を応用した研究も盛んに行われています。そこで、このような様々な専門分野の研究者が結集して緊密に連携し合い、医療や福祉の現場におけるニーズを発掘し、必要な支援技術を研究・開発すると同時に、異分野連携を得意とする創造力・実践力のある技術者を育成することこそ本学の使命であると考え、脳科学ライフサポート研究センターを設立しました。したがって、本研究センターが目指すものは、医工連携に基づき、人々が心豊かに生きるために必要な科学・技術の構築を目指す研究、およびそれを担う人材の育成を目指す教育です。

グループ体制

本研究センターは、本学に属する情報理工学研究科、情報システム学研究科(現在は情報理工学研究科に統合)に属する医療・福祉に関係する研究者が横断的に連携し、医療・福祉現場の多様なニーズに対応できるイノベーティブな人材育成を目指し、プロジェクトベースの課題設定による教育研究を実施する。そのために、以下に示す4つの研究グループを設置する。学生は、課題解決に向けて取り組むプロジェクトベースの教育研究環境のもとで、専門性やイノベーティブな実践力を培う。

光計測基礎技術開発グループ

生体機能が持つ可塑性、自己回復、再生能力を評価するための新規光プローブの開発基礎研究、及び光を用いたイメージング技術、多次元画像解析に関する教育研究を推進する。(人員:山田、丹羽、牧)

生体脳解析研究グループ

外界刺激に対する細胞機能の解析研究、及び運動刺激による局所的・全脳的な生体多細胞のイメージング技術の開発及び解析、またBMIを用いた運動制御と脳活動のモニタリングに関する教育研 究を推進する。(人員:正本、宮脇、庄野、松田)

運動機能福祉技術開発グループ

各種運動機能の計測、運動制御モデルによる脳活動への波及効果の検討、運動制御技術の開発研究、及び脳活動のモニタリングに基づいた各種リハビリテーション福祉に関する教育研究を推進する。(人員:小池、横井、狩野、岡田、小泉、姜、孫)

理論神経科学研究グループ

脳神経系に関する細胞レベルまたはネットワークレベルでの数理モデルを構築し、次世代人工知能の開発とニューロリハビリテーションへの工学的応用を目指して、脳の構造・機能・可塑性を理 解するための教育研究を推進する。(人員:樫森、田中、山﨑)